精神分析者、グループセラピスト、教授および監督アナリスト。生まれた:ミュンヘン、1950年6月12日、キリスト:フィリップ(84)、マハリア(86)、マキシム(90)。

1967/68米国シアトルでの留学、1968年高等学校卒業。 1969/70 Psych。フランスモンペリエ大学、1070-73早稲田大学、

1973-75 Ludwig-MaximilianUni.München。

1972-73慶應義塾大学精神分析学者としての訓練。東京と1973-78ドイツミュンヘンとベルリン教育心理学研究所(DAP)で開催されました。

ドイツ初のダイナミックな精神科クリニックの1975年から1977年のスタッフ、ベルリンの教育・研究機関でのDAPの1978年から1979人の従業員。

1980-85 DAPのDüsseldorfInstitute所長、DAPの副会長。 1985年DAPのすべての機能の辞任と会員資格の終了。

アクティブ自由精神分析とデュッセルドルフでの集団精神療法の練習、フォーカスグループ療法、個々の心理療法、外傷の治療で1985年以来。

この練習は国際的な指向であり、ドイツ語を話さない多くの患者(英語スペイン語、日本語)にも訪問されています。

1986-2001「FreiegemmeinnützigenBeratungsstellefürPsychotherapie」の理事長。

Fak.f.Psychologie d.Uni.Centralアメリカマナグア、ニカラグア、Otasien-Univ.Düsseldorf研究所の客員教授で、1986年からゲスト講師。 Amesty Internationalのワーキンググループ医学 – 心理学の従業員。

Haus Steprathの “Therapeutic Communities”の1989年の頭部以来。

1997年アルゼンチン・ブエノスアイレスの抑圧された劇場

1989-2002「治療共同体の共同体」として支援された生きた共同体の開発

2008年から精神分析グループ治療プロセスにおける “アートセラピー”の統合と協力

2016年以来、ダリエンにあるインディアン部族(Embera)の年間フィールドワークは2番目に大きい

コロンビアとパナマの間にあるこの世界の一貫性のあるジャングル地帯。

コミュニティセラピーコミュニティ、ボーダーライン症候群および人格障害、精神病精神療法、およびグループダイナミクスの社会的プロセスへの適用に関する特別な関心。

多数の刊行物、貢献の著者:「ドイツの結婚」:(!995編:エティン、フィードラー、コーエン、IUP)、精神内対人、国際寸法、グループ・プロセスおよび政治的ダイナミクス。

ヒーリングサークル:心理的外傷のための集団精神療法(編Schermer&小。)、ギルフォード、2000年にニューヨーク政治的迫害や民族紛争の被害者のための集団精神療法。

趣味:セーリング、スキー、テニス、旅行

国際的な専門家団体の会員

  1. 1980年以来の国際グループ精神療法協会(IAGP)。

IAGPは、グループ心理療法士のグローバル組織です。その傘のグループの下に別の学校(精神分析、心理劇、ゲシュタルト、治療コミュニティ)のセラピストが一緒に働くと置き換え、すべての大陸で交互に行われ、主要な国際会議で三年ごとというIAGPに関する特別な何かです。

2.治療共同体(ATC)の協会

この社会はウィンザー(ロンドン)で毎年開催される国際会議を開催し、「治療的コミュニティ」で働く専門家が意見を交換します。 ATCは、Maxwel Jones、Tom Main、Bion、Harold Bridgerなどの治療コミュニティに取り組む先駆者たちの仕事に戻ります。 ATCは国際雑誌を発行しています。

3.精神分裂病精神療法国際協会(ISPS)

この社会はGaetano Benedettiと精神病精神療法の他のパイオニアに戻ります。 3年ごとに国際会議を開催し、精神分裂病と精神病を精神療法で治療する可能性を調査し、議論することに専念しています。

NOW 連絡を取る!